“R”を発音できない

ムリして克服しなくてだいじょうぶ。

 

“R”の発音にコンプレックスをこじらせている方、多いですよね。

「発音が正しいか分からない。自信がなくて言えない」

 

それなら、通じやすい言葉におきかえましょう。

 

私は、その人にあった「発音しやすいフレーズ」を探すことが大好きです。

そのフレーズが、様々な場面で使えるなら、最高ですよね!

 

覚えることは極力少なく。

克服することも少なく。

 

 

例えば、”v”と”R”の発音が苦手、コンプレックスな方には、

“very”を使わず”so” にしてみませんか?と提案します。

両方とも、同じように使えるもの。

 

そして自信をもって”so”を口に出せるようになったとき、

“V”や、”R” の発音もいつの間にか良くなります。

楽しく練習できるから、身につくのですね。

 

英語は、気持ちがつながる一つの道具。

本来、ハッピーなもの。

苦手なままでも、楽しくレッスンしましょうね♪

 

小田真唯

LINEお友だち追加・まっています♡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。